干支九星ってなに?

干支九星 朱かね

その原典は、
今から、1700年前、
中国で書かれた『陰陽五要奇書』の中の第1集、『郭氏元経』にあります。

ここには、九星とともに、
干支をセットにしで鑑定盤を起てて、
方位や吉凶を鑑定することが書かれており、

これを読むと、気学のように
九星だけでみる鑑定では、不正確だということがわかります。

 

 

上のように盤を起てて占っていきます。

数字の上に書いてあるのが“干支(かんし)”です。

九星気学では、数字のみで鑑定します。

干支九星では、九星とともに、干支が飛順します。

干支(かんし)って?

十干…甲乙丙丁戊己庚辛壬癸
十二支…子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥

の組み合わせでできた、
60種類の星を干支(かんし)といいます。

これに九星を組み合わせると、
180通り
(年・月)の個性を持った盤が出来上がるのです。

逆にいうと、
干支九星(かんしきゅうせい)では、
今年は180年に一度の年

ということになり、
毎年毎年が、一生に一度しか巡ってこない貴重な一年になるのです。

また、日・時は、冬至・夏至のあたりを境目に、巡り方が変わります(陰遁・陽遁)。

陽遁期180日、陰遁期180日ですから、あわせて360日。

一年のうち、同じ盤になる日はないといってもいいのです。

さらに、年・月を加えて考えると、
今日という日は、180年に一度の一日ということになります。

秘伝として伝えられた干支九星

そもそも、占いは暦を中心とする自然科学が起源です。
正確に天変地異がわかることは権力に直結していました。

ですから、高度な知識が必要な占いは秘伝として伝えられてきたのです。